メイク落とし 綿棒

クレンジングのコツでマツエク長持ちテクニック

クレンジングの工夫でマツエクは長持ち

洗顔する女性

マツエクをサロンで施術してもらったあと、誰もが少しでも長持ちさせたいと考えて当然です。せっかくお金をかけてサロンに行ったのに、その効果が短期間で終わってしまってはもともこもありません。

だからこそ、マツエクの長持ちテクは誰もが覚えておきたいものですが、マツエク施術後はクレンジングに関してもコツがありますので、ぜひ覚えておいてください。

オイルクレンジングはNG?

オイル洗顔

マツエクはオイルに弱いといわれています。特にマツエクの接着を担うグルーがオイルによって効果を失ってしまう恐れがあるといわれています。

 

接着しているグルーのパワーが弱まればおのずとエクステも取れてしまうため、長持ちしないといわれているのです。

 

そのような事情からクレンジングに関してもオイルクレンジングは避けるべきといわれています。

 

ただし、オイルクレンジングが絶対にNGかといえば、そうでもありません。目元以外にはオイルクレンジングを使用してもいいのです。

 

これまでオイルクレンジングをおこなっていた女性の場合、クリームなどでクレンジングをしても落ちている感覚がなくすっきりしないことも多いといわれていますので、目元以外においてはオイルタイプをこれまで同様に使用しましょう。

 

ただし、それが万が一にも目元にも影響してしまうと意味がないため、自信がないようであればやはりオイルクレンジングは避けておきたいものです。

目元のクレンジング方法とは

メイク落とし 綿棒

マツエクを守るためとはいえ、目元のクレンジングをおこなわないわけにはいきません。

 

ただし、目元をいつも通りにクレンジングしてしまえば、マツエクを長持ちさせられないので避けておきたい行為です。

 

それでは何をすればいいのかといえば、コットンや綿棒などにメイク落としを染み込ませ、これを使って目元のメイクを丁寧に拭き取っていけばいいのです。

 

マツエクには触れないように優しく丁寧におこなうのがベストです。

 

また、マスカラ使用時には同様にメイク落としを染み込ませた綿棒を使ってまつげを縦に拭き取ってください。

 

横向きに動かすとマツエクに負担がかかって取れやすくなるため、縦向きに拭き取ることが大切です。

マツエクのことばかり考えすぎるのも問題?

クレンジング

マツエクを長持ちさせるためにはクレンジングに気を使うことは大切ですが、マツエクのことばかりを考えたためにクレンジングが疎かになってしまうのも考えものです。

 

マツエクを守ろうとクレンジングが中途半端になり、アイシャドウなどが目元に残ってしまうと目元の肌に色素がついてしまったり、それらが目の中に入って悪い影響を生み出します。

 

そのため、マツエクを長持ちさせることを考えるのも重要ですが、同時に自分の肌のことも考えましょう。

 

マツエクは取れてしまってもサロンで再度装着できますが、痛めてしまった肌を元に戻すのはかなり大変なので、どちらかといえば、お肌を守ってほしいものです。

>綺麗をもっと楽しんで頂くために

綺麗をもっと楽しんで頂くために

お客様のイメージした「キレイ」を形に。Pink Doll Houseではまつげエクステ以外にもネイル、ヘアメイクといったトータルで女性の美をプロデュースしております。長年のサロン運営で培った技術力に甘えることなく、さらなる技術力の向上を目指し営業させていただいています。きれいになるだけでなく、お客様にとって、日々のご褒美としてのお時間にしていただけるよう、スタッフ一同心からご来店お待ちいたしております。

CTR IMG